ビジネス

【戦術❷】コピーライティングを学ぼう。

【重要】コピーライティングを学ぼう。

どーも、こんにちは、
SHERRYです。

昨日の記事は、ご覧になっていただけたでしょうか?
本日は、いよいよコピーライティングの具体的な話に入っていきます。
ぜひご覧ください。

4つのNOT

Not Ope(Not Read)
Not Understand
Not Believe
Not Act

マーケティング戦略において、認知を図る上で、上から順に越えて行かないといけません。

Not Open

Not Openを越えるには、興味関心をひく。
キーワードを散りばめ、フック(反応する言葉)やメリット、キャッチコピーなど対策として考えられます。
SHERRYの意見ですが、初心者向けでは漫画がおすすめです。

Not Believe

Not Believe
興味関心を引けば、実は壁は大きくなります。
”本当かよ?”って思います。

社会的権威やデータなど見せます
「-海外大学の〇〇教授の話によれば、」
なぜ?に応えたり、
ストーリーを使って、共感を獲得していく。
Not understandも同様です。

Not Act

Not Act
ホメオスタシスの法則って聞いたことありますか?
ベネフィットの提示や緊急性や希少性、フリーミアム戦略、
必要性など欲求を喚起し行動を促す。

QUESTの法則

上記、4つのNotを超える型が、
このQUESTの法則です。

見込み客の反応をとりたい、
売上を大きくしたい。そんな時に使えます。

西洋では、QUESTの法則を使い、
個人が何億も何十億も稼いでいます。

Qualify➡︎ターゲティング
Understand➡︎共感する
Educate➡︎教育する
Stimulate➡︎興奮させる
Transition➡︎行動させる

Qualify➡︎ターゲティング
Not Openの壁を超えるのに有効な手段。
ターゲティングとは、「見込み客の悩み不安を解決します」と宣言すること。
ヘッドで興味関心を抱いてもらわなければ、それ以降読んでもらえません。

Understand➡︎共感する
Not Understandの壁を超えるのに有効な手段。
「昔は私もこうでしたよ。」と、ストーリーを使う。
冒頭で使いましょう。ぜひ信用を獲得しましょう。

Educate➡︎教育する
自分の商品やサービスが役に立つことを伝えましょう。
信頼関係を構築することが目的です。
やはり数字やデータ、偉人の言葉など、社会的証明を用いたら、効果的です。

Stimulate➡︎興奮させる
あなたの商品やサービスを購入したら、
待っている素晴らしい世界観などベネフィットを伝えましょう。

Transition➡︎行動させる
「欲求を喚起し行動を促すこと。」それが目的です。
「なぜ今なのか。」「なぜ行動する必要性があるのか。」をお伝えしていきましょう。

【重要】メルマガやってます。

SHERRYが自由に働いて収入を得ながら
海外移住やポルシェオーナーになる準備が
できる
理由は、
この無料プレゼント、”仕組みとマーケティング”にあります。

ぜひ覗いてみてください。

 

ABOUT ME
SHERRY
SHERRY
海外MBA、海外移住希望者向けに、 ゼロから始められる資産作りを配信中。
【もうすぐ終了!】先着25名様限定!たった1ヶ月でビジネス初心者がポルシェジャパン会長をSEOで抜き、仕組みづくり完成させた秘訣を今だけ無料で公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です